エアコン取り外しは有資格者が行えます

category01

一部の家電製品は、専門の有資格者しか取り扱えないことに法令上なっています。
エアコン取り外しなどもその一つの例です。

エアコンは室外機も室内機もいずれも専門の資格である電気工事士を有する人のみが扱えるものです。

エアコンの取り外し選びをお手伝いします。

よく問題になるエアコン取り外しや取り付けですが、よく別料金になっていることが多いです。
これはその引っ越し業者について、電気工事士資格を有する人が社内にいない場合など、法令違反にならないように専門の業者の手配を行い手数料を支払う必要があるためと言えます。



引っ越しにしろ購入時にしろ、専門の業者が取り扱うことで対応するものですので、別料金が発生するということについては、その業者に確認をしているのも有効となります。

エアコン取り外し時の対応する人は有資格者ですよね、という感じで聞いてみることも有効です。



なお、エアコン取り外しだけではなく、掃除などについてもこの有資格者でなければ出来ません。フィルターの埃などの掃除は購入者や居住者が行えばよいのですが、フィルター内部の掃除などは資格がないのに掃除をしようとすると、トラブルの元です。


したがって、専門の業者に依頼をして対応をしてもらうこととなります。
エアコン取り外し時には、電気工事士に依頼をする必要があることを一般的に知っておくことで、万が一のトラブル時にも対応が出来ます。

また、引っ越し時などにも別途料金がかかることについて、予備知識として知っておくことで無用のトラブルを避けることに繋がるのです。

いまどきのエアコン

category02

引っ越しをするときやエアコンが壊れてしまった場合は、新しくエアコンを取り付けなければなりません。その場合には、エアコン取り外しをまず行う必要があります。...

subpage

エアコンのコツ

category02

エアコン工事の際、最も難しい課題となるのが、設置場所の問題です。リビングに設置するのであれば、そこで暮らすご家族全員が快適に過ごせる位置に設置するのはもちろんのこと、室内に停滞している湿気や熱気を外部に放出し、フレッシュエアーを取り込みながら、効率よく冷却するためにも、室外機を設置する場所が重要です。...

subpage

エアコンの特徴

category03

エアコンには窓用のものと室内機と室外機が分かれているセパレートタイプがあります。どちらも冷房と暖房が両方使えるものが主流になっています。...

subpage

エアコンの基本知識

category04

近年、地球全体で温暖化はかなり進んでおり、日本ももちろん例外ではなく、5年、10年前に比べると夏の暑さはかなりのものとなってきています。そんな中、エアコンは今やなくてはならない電化製品となりました。...

subpage